Webディレクションの重要性

ホームページ制作の役割

ホームページ制作にはおおまかに3つの役割が必要です。

今回のブログではWebディレクターの役割について記述します。

Webディレクターとは

一般的にディレクターとは、企画や制作管理、進行の専門家です。業界によって重視される点がことなりますが、Webディレクションでは特に「企画・構成・コンセプトを決めること」が大切な仕事となります。

「企画・構成・コンセプトの決定」とは、デザインの前に依頼主と話し合ったり、マーケティングを行い以下を決めることです。

  1. 具体的なターゲットとゴールや目標(例:問合わせをさせる)を明確にする
  2. ホームページにどんなページを作るか、どの位置にどんなボタンをつけるか決める(構成とレイアウト)
  3. どんなデザインテイストにするか決める
  4. ホームページだけでなく広告戦略全体を俯瞰してプランニングする
  5. 納期に間に合うようにWebデザイナーやコーダーと連絡を取り合いスケジュールの調整を行う
  6. Webデザインがコンセプト通りに進んでいるか監督をする
  7. 人当たりよくマメに依頼主との連絡を円滑にする

Webデザイナーの本来の役割

ホームページの企画構成・レイアウトはWebデザイナーの仕事と思われがちですが、Webデザイナーは「見た目を美しく、使いやすくデザインする専門家」ですので、本来は企画や構成、Webデザインの方向性がすべて決まってから、Webディレクターからの指示に従ってデザインに集中するのが理想です。
いくら優れたWebデザイナーであっても人間ですので、自分の好みやデザインの癖がでてしまうことがあります。そんな時も随時Webディレクターがコンセプトに従って指示をすることで、プランニング通りのまとまりのあるサイトに仕上げることができます。

ホームページの企画・構成、Webディレクターの重要性

このように重要な役割であるにも関わらず、Webディレクションは重要性が理解されていないのが現状です。
Webディレクターが入ると製作費がかさむので不要とされたり、そもそも専任のWebディレクターが不在ということも多いです。
小さなデザイン事務所やフリーランスのWebデザイナー、地方都市でホームページ制作会社の数が少ないような環境ではWebデザイナーがディレクションを兼ねる場合がほとんどです。

ホームページの企画や構成、ターゲット設定、ゴール設定、広告全体を俯瞰したプランニングなどをおろそかにすると、いくらおしゃれなデザインでもホームページとしての機能は失われてしまいます。
ディレクションは本来はプロのWebディレクターを立てるくらいに重要で大変な役割であることを忘れないようにしなければなりません。