ランディングページの活用

ランディングページって何?

健康食品や化粧品などの広告サイトにて縦長で派手なチラシのようなWebページを見たことがありませんか?それこそがランディングページと呼ばれるwebページです。
ランディングページとは特定の商品やサービスを掘り下げ、徹底的に訴求し、問い合わせや購入までを1ページで完結するWebページです。

ランディングページの目的

主に新規顧客獲得や、リピーターに対しても新しいサービスを案内する時に使われます。
親である公式サイトとはデザイン的に分けられ、時としてドメインも切り離され、大きな写真や目立つ文字を多用しインパクト重視のデザインであることが多いです。(ターゲット層や商品ジャンルによって異なります)
リスティング広告のとび先として重宝されますが、ショッピングサイトの商品ページに設置したり、サービスを提供するジャンルでは公式サイトのトップページをランディングページ風に作ることで閲覧者さんにサービス内容に対する素早い理解を促すことが可能です。

ランディングページの構成

  1. 最初につかみとして、閲覧者の心情に寄り添った問いかけやチェックリストなどで共感を得る
  2. 商品やサービスの特徴をわかりやすく述べる(3つのポイント、5つの理由 など)
  3. お客様の声や雑誌掲載、専門家の推薦など、第三者からのおすすめコメント
  4. 「今なら半額!」など背中を押すワード
  5. 問い合わせや申し込みボタン、重要なポイントを適宜繰り返し入れる

ランディングページは通販番組やテレビCMやチラシ広告の手法をWebページに落とし込んだものですので、初めて見る人が、上から下へ読み進めていくと「試してみるか」という気持ちにさせるように考え抜かれています。

ランディングページ制作に強いホームページ制作会社

ランディングページは通常の公式サイトとちょっと勝手がちがいますので、広告としての流れを熟知したホームページ制作会社に制作をお願するのがよいでしょう。
むしろホームページ制作会社よりも、チラシなどの紙媒体の広告に強いデザイナーさんの方が上手にデザインするかもしれません。
広告のノウハウのあるWebディレクターやコンサルタントの力を借りることで、効果があるランディングページが作成できます。

ランディングページの制作事例はこちら

飯田市 ホームページ制作