LINEスタンプ申請の際、公式アカウントやビジネスアカウントでログインできない時の対処法

SNS戦略の中でもかなり重要なLINEでの広告戦略。
スタンプを制作してブランディングを行うのも一つの方法として人気です。
今回は公式アカウントでLINEスタンプ申請を行う時の注意点です。

公式アカウントやビジネスアカウントでクリエイターズマーケットへのログインができない?!

LINEスタンプの申請を行う際には、まず初めにLINE公式の「LINE Creators Market」にてクリエイター登録が必要です。

「登録はこちら」のボタンをクリックすると以下の画面が立ち上がります

ここにLINEアカウントのメールアドレスとパスワードを入力するのですが、公式アカウントの情報を入力してもログインできない!という状態になります。

「LINEアカウント」と「公式アカウント」「ビジネスアカウント」は別物!

クリエイターズマーケットのログイン画面で入力するのは「LINEアカウント」です。
「ビジネスアカウント」や「公式アカウント」ではありません。

以下はLINEビジネスのログイン画面ですが、いつも下の「ビジネスアカウント」でログインをしている方は要注意です。
必要なのは上の「LINEアカウント」になります。

LINEだけではなくFacebookもそうなのですが「公式アカウント」や「公式ページ」を設置するためにはまずは「個人としてのアカウント」登録が必須となります。

LINEは「個人版LINEアカウント」が「公式アカウント」を管理するというシステムになっています。(複数の個人アカウントでの管理も可能)

「ビジネスアカウント」は「LINEビジネス」を管理するためのIDですので、スタンプ申請など、LINEビジネス以外のサービスを使う時にはLINEビジネスを開設した時に使った「個人版LINEアカウント」のアカウント情報を入力しましょう。

※2022年4月15日現在、個人版アカウントでないとスタンプ申請ができない旨は、LINE公式へメールにて問い合わせし正式な回答を得て掲載していますが、今後変更がある可能性もあります。

▼LINE Creators Market
https://creator.line.me/ja/

▼LINE Creators Marketヘルプ
https://help2.line.me/creators/web/pc

▼お問合せ先
https://contact-cc.line.me/detailId/11844?continue_without_login=true

まとめ

  • クリエイターズスタンプはビジネスIDやLINE公式アカウントでは登録ができません。
    個人版アカウントにて登録をしましょう。
  • スタンプを外注した場合でも、スタンプ申請は個人アカウントで行うことになるので、第三者に申請を委託するのは個人情報的に問題があります。
    スタンプ制作業者は申請まで代行してはくれませんので自社で申請をするようにしましょう。

LINEスタンプの申請方法はこちらのサイトがとても分かりやすいので参考にしてみてください。

LINEスタンプの申請方法