飯田市 ホームページ制作 キーワードで検索1位に!

飯田市 ホームページ制作でSEO1位に

やりました!
「飯田市 ホームページ制作」の検索ワードで1位に復活しました!

飯田市 ホームページ制作
※検索順位を調べる時にはシークレットモードを使用しましょう。いつものブラウザで検索すると、よく見るサイトが上に来るように学習されているために正しい検索順位が表示されません。

先週の土曜日にSEOのためのホームページ制作の専門的なブログを開始して1週間経たずに検索順位1位となりました。

コンテンツ数がSEOに与える影響

専門的なブログを書くことでSEO上位表示されるのでは?と考えたのは以下のデータが根拠でした。

飯田市 ホームページ制作

上はサーチコンソールのカバレッジ画面。インデックスされている有効ページ数が約500ページから最小で200ページ以下まで減っているのが分かります。
下は検索順位チェックツールGRCの画面です。コンテンツの減少に連動するように順位が下がっています。

ホームページ制作のキーワードで1位になっていたサイトは全国的にホームページ制作会社と顧客をマッチングしているサービスの大規模なまとめサイトでした。

おそらく「ホームページ制作」というキーワードのコンテンツ数では圧倒的に差があるため、抜かれてしまった。
しかし「飯田市+ホームページ制作」というキーワードではこちらが強いはずで、今は飯田市のキーワードが多めなので、専門的なホームページ制作記事を増やせば巻き返せる。と考えました。

今まではどんな記事でも関連性があれば書けばいいと思っていたのですが、「最近は専門性の高い記事でないと評価されない。そればかりか専門外の記事があることでホームページ制作という重要キーワードで評価されづらくなってしまう」との情報を教えていただき、SEOについての方向性を変えることを決意しました。

SEOのためにやったことのまとめ

月に40件のブログを書けば9月には500ページに戻るので、きっと検索順位1位に戻るはず!と思っていたのですが、こんなに早く復帰できるとは。嬉しい限りです。

順位が落ちてから行ったSEO対策

  • トップページのテキスト数を増やす
  • 広告を出しアクセス数を増やす
  • Facebook広告を出しアクセス数を増やす

上記のSEO対策はすぐに行ったのですが2ヵ月結果が出ませんでした。

この1週間で行ったSEO対策

  • 制作実績を投稿(50件近く)タイトルにはホームページ制作と入れる
  • ホームページ制作の専門性とSEOライティングに振り切ったSEOブログを投稿(6件)
  • ブログ記事を書いたらサーチコンソールでURLを登録申請
  • カテゴリー・タグの整理。業種別のタグを追加するなど、アーカイブの整理

検索順位1位が続くとは限らない

以前は検索順位1位のままが当たり前で、落ちるわけがない。だってずっとホームページ制作で検索順位1位だったから。と思っていました。

2位に落ちた時も原因を探さず、トップページの修正や広告など手軽に単発でできることを慌てて行い、最終的には祈る日々でした。すっかり正常性バイアスがかかってしまっていたと反省です。

検索順位1位は1日にしてならず。
今後はコツコツと専門性の高いホームページ制作ブログを書き、落ち着いてしっかりとデータ分析を行い、サイトの評価をさらにアップしていこうと思います。