AI不正検知 for futureshopの確認手順

futureshopが不正利用の早期発見のため、検知サービスを開始しました。

フューチャーショップとSBペイメントサービス、 AIを活用した不正検知サービスのシステム連携開始

AIでクレジットカードの不正利用を早期発見、フューチャーショップとSBペイメントサービスが不正検知サービスでシステム連携

「AIが過去のデータから算出した不正利用の疑い」になりますので、不正使用が確定したわけではありません。
カード会社への照会が推奨されます。

まずは怪しいところがないか確認

まずは目視で怪しいところが無いかを確認します。

ご注文者情報・お届け先情報で確認

  • ご注文者からの過去の購入履歴はあるか
  • その際にチャージバックが発生していないか
  • ご注文者の氏名や住所がおかしくないか
  • お届け先の住所が存在するものか
  • お届け先の住所が過去にトラブルがあった住所ではないか

ご注文者と連絡がとれるかを確認

実際にお電話やメールなどでご一報を入れ、ご注文の確認を行います。

フューチャーショップ窓口に問い合わせ、不正利用かどうか照会してもらう

同時に、SBPSの窓口に不正使用かどうかの照会を依頼します。

SBPSに「属性照会」を依頼

SBPSまで「属性照会」をしたい旨、連絡してください。
SBPSよりクレジットカード会社へ照会をいたします。

※照会結果については、照会日の翌営業日以降の回答となります。

以下を記載し、SBPSへメールしてください。

  1. 「受注コード」
  2. 注文者のお名前

SBPSへ「照会推奨」理由を問い合わせる

属性照会の場合

メール件名:属性照会依頼

メール本文:
・マーチャントID
・サービスID
・受注コード

マーチャントID・サービスIDはコマクリ>設定>SBペイメントサービス有効化設定 よりご確認いただけます。
問い合わせ先はご契約のフューチャーショップ管理画面よりご確認ください。

カード決済を強制的に止めるものではありません

こちらは強制的に決済をストップするものではありませんので、お店の判断次第では決済を進める事も可能です。

まとめ

高額商品ではかなり頻度が高く不正検出をされています。
厳しくチェックしているようです。
頻繁に引っかかると面倒ではありますが、念のため照会を行った方がよいと思います。
予め照会の方法を調べておくと安心です。