Youtube動画が100万回再生突破!収益化の方法と収益額を公開します。

なぜか動画がバズって193万回再生されました

びっくりしました。この動画なのですが…。海外でめちゃくちゃ人気みたいです。
(画像をクリックで動画が見れます)

再生回数はなんと現在、1927764回!
マッサージをしてくれている方と一緒に、不思議なこともあるものだ!と盛り上がっております。めざせ200万回!(2022/2/5現在、200万回突破しました)

アナリティクスはこんな感じです。
2021年の12月の初めから徐々に盛り上がり、クリスマス前後にピークを迎え、年明け後もひとやま、ふたやまあります。

ピーク時は1日18万回再生!

Youtube 収益化の条件

折角なので収益化することにしました。

収益化は申請が必要です。
誰でも申請できるわけではなく、条件があります。

  1. すべてのYouTubeの収益化ポリシーを遵守している
  2. 所在国でパートナープログラムが認められている
  3. 公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上
  4. チャンネル登録者数が1,000人以上
  5. リンクされているAdSense アカウントを所有

参考:YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格 – YouTube ヘルプ

①は通常であればOK。②も日本に住んでいれば問題ありません。
⑤は以前からGoogle広告を運用しているので問題なし。

問題は③と④です。これは普通の人にはなかなか厳しい条件なのです…。
しかし、バズったことで条件をクリア!!なんとラッキー!

Youtube 収益化の方法

収益化の方法はとても簡単です。
youtube studioにログインして「収益化」の項目をクリック。
条件を満たしていればボタンが表示されるので、直観的に審査に進めます。

以下の3ステップを順にこなしていきます。

承認されましたーーー!!

やったー!これで晴れて収益化です。
ステップ1から数えて4日目に申請が通りました。
噂ではステップ3が時間がかかり、平均で1ヵ月かかるとのことだったので覚悟していたのですが、こんなに早く認定されて嬉しい限りです。

もちろん「開始する」をクリックします。
収益化の項目から設定を行います。
どこにどんな広告をだすのかは広告の出稿側ではなく、掲載側が決めているんですね。
また、どの動画にどんな広告が表示されるかはgoogleの分析によってチューニングされ自動で表示されるので、出稿側も掲載側も選ぶことはできません。

全部チェックした方が収益の可能性が高くなりそうですので、とりあえずすべてチェックしました。

全て収益化するを選んでも、後で動画ごとに収益化するかしないかが選べます。
楽曲が著作権にひっかかる個人的な動画や、お客様のサイトに埋め込んでいる動画は収益化をオフにしました。

ところで…Youtube動画が192万回再生突破でいくら儲かった?

残念ながら今のところ0円です!
悔しいかな、収益化が承認されない限りは、びた一文入ってきません。

もし、収益化の条件に達した瞬間に気が付いて申請、最速で承認されていたら?

もし早くこの事態に気が付いて承認されていたらいくらになったのでしょうか?
お手本のような「取らぬ狸の皮算用」ですがお付き合いください。

まず、先ほどの収益化申請の条件、③累計4000時間再生、④チャンネル登録者数1000人を満たした日を調べます。

計算してみると、再生時間・チャンネル登録者ともに規定数値を超えたのは12月20日であるとわかりました。

もし12月20日にこれに気が付いて即座に収益化申請をし、最速3日間で承認されていたとします。
3日で承認はかなり早く見積もっていますが、それでも一番再生数の多かった12月21日の17万5183回再生と、22日の16万5232回再生には審査が間に合いませんでした。

ですので、12月24日から今日までの再生数を調べます。

まずは12月24日~31日までの再生数が18万4966回。
12月31日はさすがに少なく3604回ですが、それでも世界中で大晦日に私の足を見ている人が3604人いると思うと感慨深いです。

1月は以下の数値です。

ということで収益化可能だったのは『約18万5000回+約68万4000回=85万9000回再生』となります。

1回再生あたりいくらもらえるの???

これが大問題です。
どうも明確な単価はなく、アカウントや動画の価値によって変わりますし、YouTubeのさじ加減でも変動するようです。
最近単価が下がったという話をニュースで何度か聞きましたし、ヒカキンクラスと私のような1分の動画がたまたまバズっただけの人とは単価がまるで違うとのこと。

よく言われるのは「1再生あたり0.1円」ですが、私と同じような条件の方の実際の単価を参考にすると「1再生あたり0.05円」というのも可能性がありそうです。

結論?

もし最速で収益化が承認されていたら

42950円~85900円 の収入が見込めた??

ということになりそうです。

100万回再生されても、10万円くらいにしかならないみたいです。
8000円から支払いされるので、1再生0.1円としても毎月安定して8万再生はないと、毎月支払いされない計算になります。

本当の結論

2月に収益化が通って実際の収益計算が始まりました。これでリアルな数字がでます!
まだ2日しかたっていませんが…

28000回再生で115円!!少ない!!!
1再生単価が0.004円という驚きの安さです。

この計算に12月と1月の数字を当てはめると…

一番バズった12月、もし12/1から収益化していたとしても、4980円の収益

バズった時に気が付いて申請しても間に合った1月の収益は2848円。

もしかしてですが、収益は再生回数と再生時間が密接に関係して計算されているのではないでしょうか??

2月の再生時間、232.2時間で1時間当たりの再生単価を計算すると約0.5円、平均的な動画の長さとされる20分あたり0.16円。
相場に合います。

まとめ

1再生=20分の計算

1分の動画が1日10000回視聴された時の収益は、1日100円

YouTubeの収益は、再生回数で語られがちですが、再生時間も関係しているのでは?ということがわかりました。1分の動画がたまたまバズっただけで何万円ももらえるような甘い世界ではないのですね。
最初に考えていたように1再生あたり0.5円の収益を得るには、きちんと編集した20分ほどの動画が基本になるようです。それだけ労力をかけた動画で86万回再生されても4~8万円の報酬と考えると本当に厳しい世界です。

私のようにたまたまバズっただけでは収益化の申請中に再生数の一番の山場を逃すことになります。承認されても、継続して閲覧してもらえるある程度の長さがある動画(20分くらい?)を複数持っていないと収益としては非常に寂しいものになります。

しかし、たまたまとはいえお陰様で収益化ができました!
感じたのは、種をまくということの大切さです。

こんなことしても無駄だろうと思わず、思いついたことや面白そうと感じたことはどんな小さなことでもやってみる事。それをインターネットに公開しみんなが見られる状態にしておく事。

そうして種をまくことをコツコツと続けることで、チャンスが芽生える可能性が増えます。もちろんトラブルが芽生える可能性もあるのですが…。
それでも、いつ何がチャンスを連れてくるかわからないのだから、種をまき続けるしかない!と痛感しました。
今後もコツコツと頑張りたいと思います。