ホームページのSEOにはブログが効く!という実験結果

「飯田市 ホームページ制作」のキーワードで安定して1位になりました

2021年年始に「飯田市 ホームページ制作」のキーワードで2位に落ちてから、試行錯誤の1年間でした。途中は1位になったり2位になったりを繰り返しましたが、SEOには専門的なブログが良いとの話を信じて1年間運用することで、なんとか1位に復帰することができました!

ブログはE-A-Tに沿った内容で!

SEOにブログが良いとのデータを見ていただく前に、ブログの内容が重要です。

  • 業務やヒットさせたいキーワードに関連性の高いブログ
  • 持論の展開ではない、出典のしっかりしたブログ
  • それでいて独自の視点と解決策があるブログ

これを心がけて書きました。

ブログ以外にもいろいろやってみたけれど…どの要素がSEOに影響を与えたのか?

それを知るため、データと取組みを時系列で見ていきます。

アナリティクスを見る

まずはアナリティクスでアクセス数を調べます。
「検索からの訪問」「SNSへ張ったリンクからの訪問」「WEB広告からの訪問」などがざっくりわかります。

アクセス総数のグラフ

アクセスの内訳です。検索からが1位、次いでSNSからとなっています。

SNSに張ったリンクからの訪問

検索からの訪問は後ほど深堀りすることにして、まずはSNSからの訪問です。
グラフが突出しているところは、数年ぶりにFacebookを再開し、今までお休みしていた理由をブログに書いたので読んでください。という案内をした時です。300回ほどの訪問がありました。

どのSNSからの訪問かはこんな感じです。
Facebookはフォロワーさんが2000人強おり、歴も長いので強いです。
インスタグラムは記事にURLを張れない、しかも歴が浅い割には健闘していると思います。

広告からの訪問

順位が下がった時、まずできるのは広告だ!と思い、すぐに広告を打ちました。
検索広告は相手が強く予算で太刀打ちできずほぼクリックがない状態。Facebook広告は意味がない気がして途中で継続して出すのはやめましたので、グラフはこんな感じです。

検索からの訪問はサーチコンソールでさらに詳しく見る

お待たせしました。ここで順位変化の登場です。
サーチコンソールでは「自然検索で訪問した人の数」「検索で表示された数」「検索結果での軽金順位」などが調べられます。
アナリティクスでは、自然検索数に加え、SNSや広告からの訪問数も調べられましたが、自然検索についてだけの情報ならサーチコンソールが断然詳細です。

ごちゃっとしているので、分解して見ていきます。

表示とクリック数

検索順位が落ちた期間、わずかではありますが表示もクリック数も減っています。
ブログを初めてリニューアルしてからは明らかに増え、YouTubeで動画が大バズりしたところからグッとグラフが上がっています。

クリック率

クリック率はあまりSEOに関係ないと思いますが、ブログを書き始めてからキーワードの幅が広がったので、平均化されてなだらかなグラフになっています。

順位

2020年末ではコンテンツがかなり少なく「飯田市 ホームページ制作」というような少数のキーワードだけで勝負していましたので、2位になっただけでガクーンとさがりました。
広告を始めたことで上がったり下がったりを繰り返すようになりました。下がったままよりはいいですが、安定しませんでした。

ブログの数が増えると、キーワード数が増え、強いキーワードと弱いキーワードができますので、平均順位は下がってきます。
注目したいのはYouTubeでバズった後のグラフに明らかな変化。サイト全体の評価が上がっているようです!

そしてもう1点。
これは個人ブログの検索からの訪問者数なのですが、記事が2回バズったことにより、以後も訪問者が安定して増えています。平均順位もわずかですが上昇しました。
記事を書くことと自然検索などでバズることにより、サイト全体の価値がアップすると言えそうです。

まとめ

  • 専門的なブログをコツコツ書き続けるのが一番よいと思います。勉強になりますし、お客様へのご案内に使えたりしてメリットが大きいです。メリットしかないです。
  • リスティング広告は競合が強くて資金面で負けてしまい、SEOに影響するくらいの訪問者を獲得するのは難しかったです。しかし、営業目的からすると、検索してきた人に訪問してもらうのは意味があるので無理のない範囲で出していた方が良いと思います。
  • Facebook広告を辞めても影響がなかったですし、バズっても影響がなかったです。SNS広告やSNSからの訪問が増えてもはSEOには影響が薄そうだと感じます。
    SNSはSNSとして切り離して、楽しんで発信するくらいの方がいいと思います。
  • SNSでも桁違いにバズると、アカウントに関連付けていた場合はホームページの評価も上がるようです。(E-A-Tの権威性の関係?影響力が高いサイトと判断された?)ただ、これはラッキーパンチなので再現性は低いです。
    それ以前に、コツコツとブログを書いていなかったら、ラッキーパンチをモノすることはなかったわけです。記事を書かなければバズる可能性もゼロです。SEO対策の基本はコツコツと専門性の高いブログを書く事だと言えると思います。