Webデザイン 建築・建設業のホームページ制作

建築・建設業のホームページの役割

建築・建設業のホームページは問い合わせや会社のブランディング、実績や土地の紹介など大きな役割を果たします。

建築・建設業のホームページは、B2BとB2Cの同時訴求が必要な場合が多いです。
連携して施工を行う同業者や下請け関係への訴求と、個人住宅の建築やリフォーム需要への訴求が必要な場合です。

一つのホームページで2つのターゲットへの訴求はできなくはないですが、コンテンツが混在してしまい、ターゲットがホームページ内で迷ってしまう可能性があります。

個人の大工さんなどの場合は一つのホームページで両方訴求できますが、大きな会社さんはできればB2Bのホームページの方を会社の公式ホームページとして制作し、B2Cのホームページをもう一つ制作するのがよいでしょう。

建築・建設業のWebデザイン

商品を販売しているわけではなく、技術を販売している業界ですから、どのような施工をしているか、どのような機械や技術を持っているかをしっかり紹介するのが大切です。

実績も大変重要です。実績をホームページ上で見やすくデザインし、問い合わせまでの導線をしっかり作りましょう。

また、応用力がありどのような提案ができるか、ホスピタリティもホームページ上で表現できるとよいでしょう。
動画、問い合わせへの誘導、双方向のコミュニケーション、SNSの活用などが考えられます。

こうした幅広い要素をユーザーの使い勝手を考えてデザインする必要があります。

実際の写真を多く使うと臨場感がでてわかりやすいですが、現場の写真撮影は難しい場合もありますので、イラストやレンタルフォトなどの有料素材もうまく使用して雰囲気をよくわかりやすくデザインしましょう。

建築・建設業ホームページのSEO対策

建築のE-A-Tを高めるコンテンツは何と言っても実績です。実績を充実させるように設計しましょう。取引先からリンクを張ってもらうのも良いでしょう。

B2Bのホームページを公式ホームページとして、B2Cのホームページを別に制作する場合、同じドメイン内で運用するのと別のドメインにするのではそれぞれメリット・デメリットがあります。

同じドメイン内でホームページを運用する場合

メリット
  • 運用管理が楽
  • ドメイン費用が1つで済む
  • ホームページ内ブログが1つで済むのでブロブの記事数が増えやすくドメインパワーが上がりやすい。
デメリット
  • ターゲットごとに検索キーワードを分けにくい
  • ホームページ制作やWebデザインなど設計に気を遣うところが増える。
  • それぞれのターゲットに対する訴求を深く掘り下げきれない。中途半端になってしまう。

別のドメインでホームページを運用する場合

メリット
  • ターゲットごとに検索キーワードを分けられる
  • それぞれのターゲットに対する訴求をしっかりできる。
  • ホームページの構成がしやすくユーザーも使いやすい
デメリット
  • ドメイン費用が2つ分かかる
  • ホームページ内ブログが2つに分かれてしまうので、ブログを倍書かなければならない(それぞれに担当者がいて複数人でブログ更新ができれば問題ないです)

ホームページ運用にかけられるスタッフ数などの会社の状況や、サービスの性質、ユーザーの使い勝手を考えて判断しましょう。

建築・建設業のホームページ制作実績はこちら

飯田市 ホームページ制作