Webデザイン 飲食店ホームページ制作

飲食店はホームページが必要?

そもそも飲食店にホームページは必要なのでしょうか?

答えは「あった方がいいですが大規模なものでなくランディングページのようなスマホで見やすく見た目が楽しくわかりやすいものがよいです。ホームページを持つこと以上に早めのマーケティング、SNSやブログでの情報発信、旬の検索キーワードに応じた広告の活用が大切」ということになります。

ホームページが「ある程度変わらない固定の基本情報を掲載する」という役割だとすると、飲食業界の早い流れについていけないのが現状です。
ホームページにメニューなど張り切って詳細に掲載すると、変更や管理が大変になってしまい、結局放置してしまうということが少なくありません。

ユーザーもホームページを見た時点でメニューを全て事細かに知りたいとは思っていないのではないでしょうか?
ですので、基本情報を掲載するということにして、ホームページへの掲載情報を絞り「お店の基本情報と魅力を端的に伝える」ことが重要です。

  • 人気メニューや定番、おすすめメニュー
  • 宴会などのコース情報
  • 内観・外観・席数・地図などハード情報
  • 営業時間
  • 予約方法・電話番号
  • できればスタッフの人柄がわかるもの(これはSNSでも代用可)

が主なホームページへの掲載コンテンツとなるかと思います。

ホームページを作成するのなら、こまめなブログの更新は絶対に不可欠です。また合わせてFacebookやインスタグラム、TwitterなどのSNSを活用し、どんどんと情報を発信し、お客様に新鮮な情報をお届けし、コミュニケーションをとり続けることが重要です。

飲食店のWebデザイン

やはりお料理がおいしそうに見える、良い写真を使用することが不可欠だと思います。
写真は節約せずプロにお願いしたほうが良いです。撮影をお願いする際は写真データを買い取れるか、撮影費用とは別になるかをカメラマンさんに確認しましょう。

飯田市 ホームページ制作

デザインカラーは業種によりますが、暖色系の温かみのあるWebデザイン、白ベースのすっきりしたWebデザイン、焼き肉やステーキなどのお肉系やお蕎麦屋さんのような職人系は黒ベースのWebデザインが好まれます。

飲食店ホームページのSEOは旬のワードで

「宴会」「イタリアン」「蕎麦屋」など、年間通して検索されるキーワードの他に、旬の検索キーワードがあります。基本の検索キーワード加え、旬の検索キーワードまでSEO上位をとなると難しいのが現状です。

しかし、飲食店は1年間を通してサイクルがありますので、ある程度マーケティングで広告プランを立てることが可能です。
「お花見」「クリスマスディナー」「歓送迎会」など…
コロナ禍では「テイクアウト」「お弁当」なども検索キーワードとして大変注目されています。

マーケティングをしっかり行い、Google広告のキーワードプランナーでいつごろからその検索ワードが盛り上がってくるかを予測し、ランディングページをしっかり準備し、リスティング広告を行うことで制作したホームページが活きてきます。

随時行うマーケティング結果、キーワードプランニング結果に合わせて、自店の強みを生かした商品開発、サービス展開を行い、SNSやリスティング広告などで効果的にお客様に情報を届けるのが理想的です。

SNSでフォロワーが増え、いいねがたくさんつけばE-A-Tの権威性を高める事ができますので、ぜひ力を入れてください。

飲食店のホームページ制作事例

飯田市 ホームページ制作