YouTube広告で設定できるターゲット解説

YouTube広告はGoogleのAIで出稿されています

YouTube広告を表示させるターゲットを判別するための情報は、YouTubeを見るためにアカウント登録をした時の情報や、Googleでの検索回遊情報が基になっていると思われます。

そのため、性別、年齢に加えて趣味趣向やライフイベントを絞ったユーザーに広告を表示させることができます。

YouTube広告で設定できるユーザー属性

YouTube広告で設定できるユーザーの興味関心

まとめ

リアルに使えそうだと感じたターゲット属性は以下です。
以下のターゲットに絞り込んだ地域密着型のサービスであれば、YouTube広告は有効といえそうです。

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地
  • 子どもの有無
  • 世帯年収
  • ライフイベント
    就学、就職、結婚、家を建てる、リフォーム、引っ越し、出産、妊娠、退職など
  • 経営者かどうか

個人的にはファミリー向けのサービス(子どものいるご家庭向け、建築、リフォーム)や、広告を見る側が情報収集に積極的になるライフイベント系、病院や飲食店など幅広い年齢で知名度をアップしたい時にはうってつけの広告だと感じました。
特に子供がいる家庭はYouTubeと親和性が高そうです。

逆にYouTubeを見ない層や、全国向けの通販、ターゲットが絞れない商品サービスは他の手段が有効だと感じます。