複数のホームページ制作会社とお付き合いしましたが、なかなか思うものができません

ホームページ制作や会社概要の制作は多くのやり取りを重ね、時には言語を超越した感性の共有を行う事も必要となりますので、相性があると思います。

とはいえ、相性の合う制作会社を探し求め続けても時間もコストもかかってしまうのが現実です。
制作会社と上手に折り合いをつけるコツをご紹介いたします。

ご要望と予算のバランス

暗礁に乗り上げてしまう、案件が決まってもなかなか動き出さないという場合に一番多いのが、ご要望に対してご予算が妥当ではない場合です。

ご要望をかなえるためには技術者と時間が必要で、そのためには予算が不可欠です。
お客様の熱意におされて「安く良いものを作ります」と口約束をしてしまったけれども実際には人手がかけられず技術も伴わないため作業が進まない…。
予算を削減するためにお客様自身でできるところはやっていただくお約束をしても、実際にはなかなか手が回らず進まない…。

そのような事にならないためにも、ご要望と予算のバランスをぜひ重視してください。
当事務所はお見積り・ご相談無料です。ぜひ相見積もり候補としてご指名ください!

イメージの伝え方

「制作会社はプロなので全てお任せで良い」そんな風に思っていませんか?
制作会社はデザインのプロとして情報が無い中でもそれなりに見栄えのするものを作ることはできますが、それが依頼主様の「イメージ通り」かどうかは別のお話です。

手間はかかりますが納得のいくもの作るためですので、ぜひイメージをしっかりと具体的に伝えてみてください。

コミュニケーションをテンポよく

ホームページ制作を開始すると、確認→修正→再度確認→修正…というやり取りが発生します。

ここをお互いにテンポよく「いつまでに修正します」「いつまでに確認してお返事します」というコミュニケーションが重要となります。
制作会社の方が制作物を提示しても、依頼者様のお返事が遅れますと制作している情報の鮮度が落ちて、どうしたいかがわからなくなってしまい、制作がストップしてしまいます。

メールやチャット、メッセージツールなど、ぜひ円滑なコミュニケーションが取れる環境のご用意をお願い致します。

メールやネットでのやり取りが苦手という方は、営業担当がいる大きな制作会社でしたら頻繁に訪問や電話をしてくれますのでお勧めです。