Wixのプライベート登録とパブリック登録の違い解説

Wixで独自ドメインを取得する際に「プライベート登録」か「パブリック登録」かを選ぶ画面が出てきます。

プライベート登録は推奨されていますが、年間費用が1150円かかります。

「プライベート登録」か「パブリック登録」はどう違う??

プライベート登録を選択すると「以下の個人情報がネット上に公開されます」とアラートがでます。
これは「WHOIS情報」に掲載されますよ、という事だと思われます。

あまり一般には知られていませんが、ドメインやサーバーの登録者情報などの詳細は「HWOIS情報」と呼ばれ、世界に公開・共有されています。
専用のサイトで調べれば誰でも簡単にドメインの登録情報詳細を知る事ができます。

HWOISはICANNというドメインの登録管理組織により、ドメインやIPアドレスの取得時にはWHOISに情報を提供することが義務付けられているのです。

Wixではその情報をWix名義で登録して個人情報が表示されないようにしますというのが「プライベート登録」、HWOISに個人情報で登録しますよというのが「パブリック登録」という事だと思われます。

HWOISに個人情報が掲載されるデメリットは?

HWOISでは様々な情報を知る事ができますが、個人情報に当たる部分は

  • 住所
  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス

となります。

これは個人の方は隠しておきたい部分になりますが、商売をされている方や企業さんでしたらホームページで公開している情報となりますので、HWOISに掲載されても問題ないと思われます。

まとめ

HWOISは一般的には知られていませんが、調べると個人情報がでてしまうという点はあまり気持ちの良いものではないと思います。

  • 個人情報を公開しておらず、知られたくない方は「プライベート登録」
  • ホームページ上で情報公開をしているビジネスのためのドメインであれば「パブリック登録」で問題なし

と判断してもらえればと思います。