iOS14.5で変わるリターゲティング広告

ついにアップル社製品での追跡機能に制限がかかりました。

アプリやウェブサイトを訪問したユーザーの情報を他のアプリやウェブサイトと共有し、広告を表示させたりする追跡システムについて、アップル社製品では許可なく行うことができなくなりました。

Apple、アプリやWebによるユーザー追跡の許可制を今春導入と発表

端末の「設定→プライバシー→トラッキング」から変更できます。
デフォルトでは許可になっているようです。これをオフにするとすべてのアプリからのトラッキングを一括で遮断することができます。

追跡機能遮断でどう変わるのか

このことでどう変化していくかはまだわかりませんが、次の記事では勝者と敗者に分かれると分析されています。

ついに来た! iOS14.5 の追跡制限、その「勝者」と「敗者」

アップルが有利になるのはもちろん、FacebookやAmazon、大きなシステムを持っているサービスはサードパーティーとして情報を受け取らなくても自前のシステムやネットワークで対抗できますので、今後の展開次第では有利になるとのこと。

逆に、ユーザーや広告代理店、アプリ開発者などの末端は不便を強いられる可能性が高いと予想されます。

まとめ

プライバシーの保護は重要ですが、個人が特定できない程度の情報開示を行うことで便利に使えるシステムもあります。
また、サードパーティーと情報共有をしないとしても、特定に企業には情報が渡っているわけですから、情報を独占されたことでの不利益がでるかもしれません。

アップル社のこの動きは個人情報を厳重に管理したいと考える人々には朗報ですが、良いことばかりではないと予想されます。今後のインターネットサービスや広告市場がどう変わるか注目です。