ホームページのミラーページとは

「ミラーページ」「ミラーサイト」とは、「ミラー=鏡」の文字通り、全く同じ内容で構成されたコピーページのことです。

こちらのページに概要が簡潔にまとまっていました。

ミラーページ | ZEROラボ – コンテンツマーケティング×LPO対策 –

以前はSEOに良いとされていたミラーぺージ

Googleのクローラー(検索順位を決めるために情報を収集するAI)がまだ古かったころ。
ホームページのページ数や文字数が多いサイトや、被リンク数が多いサイトが上位にくるとされていた時代がありました。

SEO業者たちはページ数を増やしたり、同じうような内容のサイトを乱立させてお互いにリンクを張り合って上位表示を実現させていました。

しかし、現在はクローラーの学習が進み、こういった行為は通用しなくなりました。

ミラーページがSEOに悪影響を及ぼす理由

上記の経緯もあり、ミラーページはSEOに悪影響とされています。
ただ、ミラーページはペナルティを受けて順位が下がるということではなく「同じ内容のものをいくつも表示させる必要はない」という実に合理的な判断で検索画面からはずされているということです。

ですので、同じ内容のサイトやページがあった場合、ドメインパワーが強い方を優先的に表示させるようです。

例えば、古いサイトの内容をまるっきりコピーして、新しいサイトを別ドメインで制作した場合。新しいサイトを表示させたいのに、古いサイトの方が表示され続けるということがよくあります。

これは古いサイトの方がドメインパワーが強いために起こる現象です。

まとめ

わざとミラーページを作成する時代は終わりましたので、そういうご依頼はないとは思いますが、リニューアルする時には要注意です。

古いサイトの内容をそのまま使う時には、必ず古いサイトはクローズして301リダイレクトをかけるようにしましょう。