ホームページのカテゴリーページ

ホームページにおけるカテゴリーとタグ

このサイトとは別に趣味とテストマーケティングを兼ねて飯田下伊那のお店を紹介するブログサイトをコツコツと続けています。

そこでは記事のカテゴリー分けとは別に「カフェ」とか「中華」とかタグ付けをしています。

カテゴリーは大分類、タグは小分類といった感じで使い分けをしているつもりなのですが、検索をしてみるとカテゴリーページではなく、タグの記事一覧アーカイブが上位にくるのです。

EC実践会や他のSEOの参考書を見ても、カテゴリーページが大切、カテゴリー分けで専門性を出すように、と書かれていても、タグの方が優位だとは聞いたことがありません。

カテゴリーページがnoindex指定されていた!

なんとなくもやもやっとしながら、別件でサーチコンソールでURL検査を行っていると…
すごく重要で作り込んだはずのカテゴリーアーカイブページにnoindexが付いているではありませんか!

noindexとは検索エンジンに登録しないでほしいというタグです。
これがあると当然ながら検索エンジンに登録されません。

さてはと思い、自分のブログサイトも確認するとやはりカテゴリーページにnoindexのタグが。

プラグイン「all in one seo 」を利用している方は要注意

なぜホームページに勝手にそんなタグが挿入されていたかというと、「all in one seo」というプラグインの仕業。

こちらのプラグインはSEOを手助けしてくれるものなのですが、デフォルトでカテゴリーページにnoindexがONになっているのです!

カテゴリーページや、カテゴリーの分野を分けることで専門性を出そうと考えているホームページではnoinxexをOFFにしておく事をお勧めいたします。

all in one seo カテゴリーのnoindexを外す方法