「このサイトにアクセスできません」エラー解決方法【Xサーバー編】

突然デザイン事務所の公式サイトに接続できなくなってしまいました。
サイトにアクセスすると、以下のエラーメッセージがでます。

————————————————————————————————————————–
このサイトにアクセスできませんin-ranch.com からの応答時間が長すぎます。
次をお試しください

接続を確認する
プロキシとファイアウォールを確認する
Windows ネットワーク診断ツールを実行する
ERR_CONNECTION_TIMED_OUT
————————————————————————————————————————-

サイトに接続できない理由は様々です。
こういう時は落ち着いて、ひとつひとつ検証を行い原因を絞り込む必要があります。

自社サイトだけではなく、全てのXサーバーに接続できない

他のサイトも見てみる

心配になりお客様のサイトを全て確認すると、他のサイトも軒並み見られない!!
Xサーバーで管理しているお客様のサイトも同じく全て見られなくなっていました。当事務所で管理しているサイトはもちろん、お客様が直接Xサーバーと契約しているサイトも見られないのです。
しかし、Xサーバー以外の会社を利用しているお客様のサイトは見る事ができました。
この時点で、当事務所の管理とは関係なく全てのXサーバーのサイトで、Xサーバー限定の不具合ということが絞り込めました。

サーバーへのアクセスを確認する

サーバーへのアクセスを試してみると、FTPもつながらず、Xサーバーのファイルマネージャもつながらず「このサイトにアクセスできません 応答時間が長すぎます。」のエラーが出ます。

Xサーバーを利用したメールの送受信もできません。

サイトの表示だけではなく、Xサーバーの機能全てにおいてサーバーとの接続ができなくなってしまいました。

①他のブラウザを試す

このエラーメッセージはクロームで出る文章のため、クローム関連の記事が多く見られました。試しにクローム以外のブラウザでアクセスしてみますが見られませんでした。

②同じWi-Fi環境に接続したスマホで試す

これも見られませんでした。

③スマホのWi-Fiを接続してパケット通信で試す

見られました!
スマホの方にはメールも正常に届いています。

サーバー自体がダウンしているわけではなさそうでホッとしました。

自宅のネット環境でのみ、Xサーバー全てに接続できないことが判明

そうと分かれば、困った時の再起動。
問い合わせをするにしても「再起動をしてみてください」と言われますので、先に試しておきます。

④PCを再起動してみる

直りませんでした。

⑤ルーターを再起動してみる

直りませんでした。

Xサーバーに問い合わせをする

Xサーバーに上記の状況を伝えますとすぐに回答がもらえました。

可能な範囲で確認いたしましたが、ご利用サーバーでの 障害情報や不具合、
メンテナンス情報はございませんでした。

ご連絡の件については、詳細な状況をお調べいたしますため 
接続できないネットワーク環境の「接続元のIPアドレス」についてご確認いただき、 
お手数ではございますが、お知らせくださいますでしょうか。

接続元のグローバルIPアドレスの確認には 
下記URLのWebサイトなどをお使いいただければと存じます。
 ▼IPアドレスを確認できるWebサイトの例
 https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi  」

とのことでした。

なるほど…IPアドレスが規制を受けてる可能性があるようです。
IPを伝えて再度返事を待ちます。

返事を待っている間、深夜に2時間ほど復旧した形跡がありました!(メールが一時的に受信できていた)しかしまたしても不通に。

そして2日後、Xサーバーの担当者さんのご尽力により復旧いたしました!

本件につきまして、担当部署にて調査をいたしましたところ
IPアドレス「XX.X.XXX.XXX」をご利用環境からの不審なSASL認証を
多数検知したことで、弊社側にて当該IPアドレスの接続を一時的に
制限している状態であることを確認いたしました。

つきましては、当該IPアドレスの制限を解除いたしましたので
改めて接続が可能であるかについて、ご確認くださいますでしょうか。

繋がったのは嬉しいですが「ご利用環境からの不審なSASL認証を多数検知した」の詳細が気になりますのでお礼と原因についての詳細を伺いたいとの問合わせを行ったところ…

本件につきまして、担当部署にて確認をいたしましたところ
今回は弊社の複数サーバーにまたがって、
不特定多数のメールアカウントに対する接続試行(失敗)が行われおり
意図的にクラックを試みている可能性が高い状況でございました。


そのため、IPアドレス「XX.X.XXX.XXX」をご利用の端末側にて
ウィルスやスパイウェア、アドウェア等のセキュリティチェックを実施し
問題ない状況であることをご確認くださいますようお願いいたします。

と、かなり怖い事を言われてしまいました…。

まとめ

問い合わせをする前に上記のような検証を行い、それを全て伝えましょう。「つながりません」とだけの問い合わせでは情報が少なすぎてサポートの方でも道のりが長いなあ…となってしまいます。

また、問い合わせ先を明確にするにも状況分析は大切です。
ネットの契約先なのか、サーバー会社なのか、ルーターの会社なのか…。
どこに聞けばいいのか、何を聞けばいいのか、準備をしてから問い合わせましょう。

状況が整理できたら、問い合わせを利用するのが良いです。
素人ではわからないことが多いですので、情報を集められるだけ集めて、再起動などできることを試したら、それを全て伝えてあとは気楽に待ちましょう。

スマホのテザリングはめちゃくちゃ有能

繋がるまでは制作用PCにスマホをテザリングして接続しました。
これがなかなか快適で、もう家のネット要らないんじゃない??と思うほど。
大きなファイルのアップロードは厳しかったですが、ネット閲覧と添付なしのメール送受信くらいはらくらくでした。

万が一のために、ネット環境を2つ用意しておくのは重要だと感じました。

EC実践会 無料動画