Google広告ポリシー違反 パーソナライズド広告が制限された場合の解決法

パーソナライズド広告とは

パーソナライズド広告とはユーザーのパーソナルな属性を指定して情報を掲載する事ができる広告のことです。

検索広告がユーザーのインターネット上での回遊行為や検索キーワードの基づいているのに対し、パーソナライズド広告はユーザーの登録情報などにも基づいています。

パーソナライズド広告が制限されている業種

アメリカとカナダでは、2020年より、住宅、雇用、クレジットに関する広告についてパーソナライズド広告が制限されています。
全くできないというわけではないようで、あくまで一部の属性を指定することができないということのようです。

住宅、雇用、クレジットのパーソナライズド広告に関するポリシーの更新についてのよくある質問(Google広告ポリシーヘルプ 公式)

住宅・雇用・クレジットの広告で指定することができないパーソナル属性

  • 年齢
  • 子供の有無
  • 性別
  • 配偶者の有無(「独身」、「交際中」、「既婚」を含む)
  • 子供の有無(子供の年齢に関係なくすべてのステージを含む。例: 「子供あり(0~1 歳の乳児)」)
  • 結婚(「結婚予定」や「最近結婚した」を含む)

住宅、雇用、クレジットの広告を宣伝する場合に、制限されないターゲティング タイプ

上記では、指定できない属性を紹介しましたが、以下は指定できる属性です。
思ったより多くの属性を指定できます。

  • 世帯収入
  • 住宅所有状況
  • 教育
  • 詳しいユーザー属性(上記以外)
  • 購買意向強(雇用を含む)
  • アフィニティ
  • カスタム アフィニティ
  • ライフイベント(上記以外)
  • 購買意向強
  • カスタム インテント
  • 類似ユーザー
  • 地域: 市区町村、郡、国、指定マーケット エリアまたはテレビ放送地域、地域単位の下位行政区分、地方自治体、全国単位の下位行政区分、関心のある地域、都道府県、ユーザー属性別の地域、空港、プライバシー安全半径

引用:住宅、雇用、クレジットのパーソナライズド広告に関するポリシーの更新についてのよくある質問(Google広告ポリシーヘルプ 公式)

日本でも上記の制限が適応されている?

上記はアメリカとカナダ限定であると思っていたのですが、日本でも適応されているのでは?という懸念があるようです。
しかし、はっきりと日本でも適応されると書かれた公式の記事を見つけることができませんでした。

Googleに聞いてみる

気になりますのでGoogleにきいてみることにします。
LINEや問合わせフォームは実際に該当の広告を運用していないと使用できませんので、電話で聞いてみます。

お問い合わせをクリックして必要事項を入力。

2~3日でGoogleの方から電話がかかってきます。

Googleの回答

アメリカとカナダでは、2020年より、住宅、雇用、クレジットに関する広告についてパーソナライズド広告が制限されているが、日本でも同様か?

制限の中で最大限に広告を

パーソナライズド広告の属性をフルに指定できなくても、検索履歴などでターゲティングは可能

年齢、子供の有無、性別、配偶者の有無、子供の有無、結婚の属性を指定できなくても、例えば住宅情報サイトを閲覧していたユーザーに住宅購入を促す広告を表示させることは可能です。

まとめ

アメリカとカナダでは、住宅、雇用、クレジットに関する広告では

EC実践会 無料動画