Google広告の競合他社から「広告キーワード除外申請」が来た時の対処法

「うちの会社名・サービス名を御社の広告キーワードから除外して欲しい」とのメールが来ました

県外の同業者さんからこんなメールが届きました。

デザインスタジオiR
WEB広告ご担当者様

突然のご連絡失礼いたします。
ホームページ制作会社〇〇〇のプロモーション担当をしております
WEB広告代理店の▲▲と申します。

御社が出稿されているGoogleリスティング広告につきまして、一部キーワードでの除外設定をお願いしたくご連絡いたしました。

Googleで「〇〇〇デザイン」と検索した際に、御社の広告が掲載されております。
「〇〇〇デザイン」は弊社の登録商標です。
また「〇〇〇デザイン」と検索した方が御社のホームページにアクセスしてしまうことで、御社にとって無駄な広告費がかかってしまうことも考えられます。

つきましては「〇〇〇デザイン」を含む関連キーワードの「フレーズ一致除外」をお願いできないでしょうか?

 

以上、文章は改変しておりますが、このサイトそのままのコピペ文章でした。
https://www.kwm.co.jp/blog/kawate-branded-keywords/

まるっとコピペをしているのに、コピペ元にはある

「また、御社のブランドキーワードについても、弊社側で除外設定をいたしますので、キーワードリストをお知らせいただければと存じます。」

を省いているところがなんだかずるいなあと感じます。

要点まとめ

  1. うち固有のサービスで競合するあなたの広告が出るのをやめて欲しい
  2. うちのサービスは商標登録です(法的にヤバイ?と匂わせる)
  3. うちのサービスを検索した人があなたのサイトに行くことは無駄である。

①うち固有のサービスで競合するあなたの広告がでるのをやめて欲しい

これは逆のパターンもあるので、競合同士お互い様ではないでしょうか?
私だって飯田市で県外のホームページ制作業者の広告が出てほしくありません。

あちらも「デザインスタジオiR」「飯田市 ホームページ制作」を除外するのであれば考えなくもないですが、一方的に自分が有利になるような要求を突きつけるのはいただけないと感じます。

②うちのサービスは商標登録です(法的にヤバイ?と匂わせる)

これも姑息な表現ですが、法的になんの問題もありません。

キーワードとしての商標の使用については、Google の調査や制限の対象となりません。

商標 – Google 広告ポリシー ヘルプ

もし幣事務所の広告で「〇〇〇デザイン」というキーワードを登録していたとしても法的には何の問題もありませんし、そもそもそのキーワードは登録していないのです。

キーワードに登録していなくても、ホームページデザインに興味がある人に表示させるということで、関連性があるとGoogleが判断して広告をだしてくれているだけですので、こちらとしてはわざわざその機会を除外する理由がありません。

③うちのサービスを検索した人があなたのサイトに行くのは無駄である

本当にそうでしょうか?そうであるならなんでわざわざ「除外してくれ」と言うのでしょうか?
競合が無駄足を踏むのはむしろチャンスなはずです。

「競合でお客を取られてしまうから表示させたくない。除外させたい。目障りだ。」

だから連絡してきているのでしょう。

そんな暇があれば自社のサイトをよくすることに心血を注ぐべきです。
ますます表示させ続けるのが正当な広告競争であると感じます。

全く違う業種で同じ社名やサービス名であれば除外するのがオススメです

全く違うサービスであるのに、社名やサービス名が偶然一緒で広告が出てしまっている場合はこちらにも十分メリットがありますので除外するのがオススメです。

競合であればわざわざ除外する必要はありません

上記の理由で競合の場合は正当な広告競争ですので、わざわざ除外する必要・メリットはありません。

むしろ「デザイン」を含むキーワードを除外することで悪影響を及ぼす可能性すらあります。全く関係ないキーワードならまだしも関係あるキーワードを外せという要求は絶対に飲めません。

気になるようなら広告の管理画面で流入キーワードを調べてみましょう

念のため広告の管理画面の検索語句を調べ、該当キーワードでコンバージョンが少なければ、こちらの判断で除外をするのをお勧めいたします。

一方的に言われたからではありません。こちらの判断であることを大切にしてください。

まとめ

今回はおそらく、たまたま表示された幣事務所の広告が目障りだったため、なんとか辞めさせたいとGoogle検索をして、先のサイトに行き当たり、文章をまるまるコピペして送りつけて来たのだと思われます。
幣事務所だけではなく、手当たり次第に送っている可能性が高いです。除外してくれたらラッキー程度にしか思っていないでしょう。

競合からこのようなメールが来た時、相手はクセのある会社さんであると想像できます。
わざわざ返事をすると大ごとになりそうですので、無視でよいと思います。
スパムメールに登録しておきましょう。
それでもしつこいようでしたら「外部の代理店に任せている。よくわからない。こちらにはもう連絡してこないでくれ」でよいでしょう。