YouTube広告出稿に注意が必要な業種まとめ

リスティング広告で表示されているからと言ってYouTube広告も同じようにいくとは限らない

検索広告は「それが欲しくて、それを見たくて検索した人に表示する」ものであり、YouTube広告はそうではない人にも表示することになります。

経験からの個人的な感覚ですが、リスティング広告よりYouTube広告の方が規制が厳しいように思います。

健康ジャンル

整体、病院、エステ、薬局など、一般的な職種であり、どうしても効果効能をうたいたくなってしまうジャンルです。

制限がかかる理由

簡単にまとめると「弱っている人に付け込んだ広告」とみなされるようです。
ヘルスケア、医薬品の広告ポリシー Google広告ポリシーヘルプ(公式)

かなり厳しい制限がかかり、広告を公開しているのに再生回数がほぼ0という事もあります。

効果効能をうたわないような「飯田市の整体〇〇院」だけの広告なら通る可能がありますが「ヘルニアの事ならご相談ください」「不妊の方の力になります」などと入れてしまうと規制を受ける可能性が非常に高いです。

ただ、減量、脱毛、皮膚疾患の広告は規制がかからないようです。

お酒ジャンル

制限がかかる理由

アルコールは依存症を引き起こしたり、年齢制限があるものなので制限がかかります。
アルコールのGoogle広告ポリシーヘルプ(公式)

アルコールの広告は「何が何でも未成年には見せない」というのが制限の基本になります。
ですので、未成年が好むであろう動画をよく見るアカウントには、いくらお酒が好きな人だったとしても表示がされません。

ターゲットが少ない上に好む動画によって規制がかかるので、普通の広告に比べると再生回数は少なくなりますが、うまくチューニングすればターゲットにきちんと表示されます。

建築ジャンルはパーソナライズド広告に制限がかかることがある

建築ジャンルは住宅ローンと密接に関係しているので、お金のジャンルに関わると判断されるようです。

健康ジャンルやアルコールジャンルのようなジャンルによる規制はかかりませんが、パーソナライズド広告の一部に規制がかかることがあります。
おそらく健康ジャンルに近い考えで「弱者を狙ってローンを組ませる」という広告を規制するためだと考えられます。

これもはっきりしないのですが、公式ヘルプには「米国とカナダだけ」というような記述があるのに、実際には日本でも設定できない!という声もあります。

住宅・雇用・クレジットの広告で指定することができない?パーソナル属性

  • 年齢
  • 子供の有無
  • 性別
  • 配偶者の有無(「独身」、「交際中」、「既婚」を含む)
  • 子供の有無(子供の年齢に関係なくすべてのステージを含む。例: 「子供あり(0~1 歳の乳児)」)
  • 結婚(「結婚予定」や「最近結婚した」を含む)

上記の他の世帯年収や、住宅所有状況、購買意向などは設定をすることができます。

YouTubeは弱者に対する広告に厳しい

  • 病気、体のお悩み(減量、脱毛、皮膚疾患を除く)
  • 不登校、発達障害
  • 貧困
  • お金、ローン

こういった広告は厳しく規制されてしまうようです。

まとめ

  • 健康ジャンルは病名や症状を具体的に表現してしまうと「弱者を狙っている」ととられて規制を受けてしまうので、ターゲットへの訴求が行いづらい
  • アルコールジャンルは規制があるが、ターゲットへの訴求は可能
  • 建築ジャンルなどローンと密接に関わるジャンルは、パーソナライズ広告に一部制限がかかることがある

 

EC実践会 無料動画