ECプラットフォームを使用せず、メールフォームを使ったネットショップが希望です

Q:ECプラットフォームを使用せずに、通常のサイトにメールフォームを設置して通販を行いたいです

A:理由にもよりますが、通常の物販であればお勧めいたしません。

リフォームやオーダーメイドものなど、問合せ形式のショップでしたらメールフォームのご活用が良いかと思います。
また、既に公式サイトをお持ちで、ごく少量の通販やお弁当のご注文を取るなどの小規模なご注文フォームを追加するのでしたらお勧めです。

それ以外、例えば以下のような場合はECプラットフォームの使用を強くお勧めいたします。

  • 通常の小売物販の場合
  • 商品が10点以上ある場合
  • クール便と通常便と送料が違う、数量によって送料が違う、地域ごと細かな送料設定をしたいなど複雑な送料設定の必要がある場合

ECプラットフォームを使用するメリット

ECプラットフォームを使用するメリットは何と言っても「コストパフォーマンスが高い」「利便性・安全性が高い」ことです。
買う側にも売る側にも使いやすいネット通販の使い勝手をしっかり研究した、素晴らしいシステムを手ごろな価格で使用することができます。

「ECプラットフォームは月々の料金が発生するから割高では?」とのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、通常のホームページを運用するにも月々の料金が発生しますので、その点ではどちらも変わりません。むしろECプラットフォームの方が安く済む場合もございます。

ECプラットフォームとオリジナルサイトでのネットの初期費用・ランニングコスト例

おちゃのこネット
Xサーバー

上記ランニングコストの他にも、デザイン・コーディング構築費についても同様です。
ECプラットフォームでの構築よりオリジナルサイトでのネットショップの方が高くなることはあっても、安くなることはありません。

費用面だけでなく、送料設定、顧客管理、商品登録のしやすさ・・・すべてにおいて通常のホームページにはないネットショップ用のシステムが備わっています。
それをECプラットフォームを使わず、オリジナルで開発したいとなりますと大変な費用がかかりますし、なくても何とかなるだろうで開店してしまうと後々とてつもない不便を強いられます。お客様からのクレームにもつながってしまいます。

安定・安全のシステムをお選びください。

また、公開後の安全性の担保につきましてもオリジナルサイトは自社にて行わなければなりません。

当事務所ではメールフォームに、日本で最も使用されている一般的なフリーのプログラムを使用しておりますが、もともとのプログラムにセキュリティホールが見つかり世界的に大騒ぎとなりました。また、最新版にアップするとセキュリティの問題は解決しますが、確認画面が使用できずフォームを使うことができなくなる不具合も発生しています。

Contact Form 7(コンタクトフォーム7)バージョン5.4では、Contact Form 7 add confirmが動かない

ハッカーがいる限り今後もこのような事は起こり続けるでしょう。
フォームや自社開発のプログラムは狙われやすく不安定で、自社でメンテナンスをし続けなければ使用できなくなることもございます。
ネットショップは安定・安全が第一ですので、ECプラットフォームを使用して構築することをお勧めいたします。