WEB広告の選び方

WEB広告の特徴

ターゲットに効率よく届く!!

デジタル広告はユーザー自身が登録した情報、投稿した内容、検索履歴、閲覧したサイトなどから、趣味趣向、興味を割り出し、適切な広告を表示しますので、効率よくターゲットに届きます。

特にリスティング広告(検索広告)は、それを欲しい!買いたい!と思って検索した人にアプローチできますので大変効率がよい広告と言えます。

データが取れる!!

紙媒体広告では分からない、どのくらいの人が見て、反応をして、サイトを訪れて、どういう動きをして購入に至ったか、というデータが取れます。
もしうまくいかなかった場合もデータが取れますので、次に生かすことができます。
長期的なデータの蓄積も可能ですので、去年の今頃はどうだったかなど分析をしてサイクルを予想し先手先手のプロモーションをかけることができます。

他媒体に比べ費用がかからない!!

紙媒体やテレビなどのマス広告は、印刷費・配布費・運営費…などなど多額の料金がかかりますが、WEB広告は1日100円の予算から可能。

ストップしたい時にすぐストップできる!!

チラシや紙媒体の広告は内容に変更があったりしても印刷してしまったら変更きませんし、配ってしまったら回収することは不可能です。
WEB広告なら止めたい時にすぐにストップできます。

WEB広告の比較

Googleリスティング広告(検索広告)はこんな時におすすめ

スクショ

  • 効率よく集客したい時
  • 広告費をあまりかけたくない、もしくは無駄な費用をかけたくない時

こんな人におすすめ

  • ネットショップ
  • BtoB
  • 特定の方向けのサービス

失敗しないコツ

キーワードをしっかり選定する

GoogleP-MAX広告はこんな時におすすめ

インスタグラム広告はこんな時におすすめ

スクショ

  • 20代~40代の女性をターゲット層とする広告
  • おしゃれな広告
  • 通販の広告

こんな人におすすめ

  • インスタグラムを個人的に使っていて好きな方
  • 地域サービス
  • 若くておしゃれな人をターゲットにしたファッション、グルメ、ライフスタイル、アート、ハンドメイドなどを発信したい方

失敗しないコツ

若い女性が多いインスタグラムに合った商材で、合った雰囲気の広告を作りましょう。
基本はリピーター向けにお店や会社のパーソナリティを発信する媒体である事を意識し、新規集客を期待しすぎないようにしましょう。

重要度 画>音・声
ミュートで見ている人がほとんどなので、音声を入れても機能しづらいです。
見て惹きつける広告にしましょう。

Facebook広告はこんな時におすすめ

スクショ

  • 40代以上をターゲット層とする広告
  • 年齢や性別、経歴などの正確な情報は有効になる広告
  • 地元のサービスをアピールする広告

こんな人におすすめ

  • Facebookを個人的に使っていて好きな方
  • 地域サービス
  • 中年以上をターゲットにした、ファッション、グルメ、ライフスタイル、アート、ハンドメイドなどを発信したい方

失敗しないコツ

地域性が高く中年以上が多いFacebookに合った商材で、合った雰囲気の広告を作りましょう。
基本はリピーター向けにお店や会社のパーソナリティを発信する媒体である事を意識しましょう。

重要度 画>音・声
ミュートで見ている人がほとんどなので、音声を入れても機能しづらいです。
見て惹きつける広告にしましょう。

地元高齢者層やBtoBの集客なら根強い紙媒体も検討を

紙媒体はデジタル広告に比べ、印刷費や配布費、在庫管理などの費用がかさみます。
ターゲットも絞りにくく、反応のデータも取れません。途中で辞める事もできないので、効率の悪い広告と考えられています。

ただ、高齢者には「インターネットはやらない」「新聞やテレビは信頼度が高い」との考えの方も多くいらっしゃいます。

やり方やターゲット次第では有効に活用できますので、上手にデジタル広告と組み合わせることが重要です。

B2Bは会社に直接アプローチ

インスタグラム、Facebook、Youtubeは会社勤務中には触れづらい媒体となります。
仕事中にインスタグラムをやるのはサボりになってしまいますし、休みの日に見ているyoutubeで仕事関係の広告が出てもすぐに問い合わせをしづらいですよね。

仕事の話は仕事の場所にアプローチした方が効率が良いとなると、確実に求めて検索してくる『リスティング広告』が費用対効果としては最もオススメで、次に余裕があれば『会社宛のDMやポスティング』ではないかと思います。

あとはコネ、というと聞こえが良くないかもしれませんが、地域や横のつながりも大切だと感じます。銀行さんや商工会の集まりなど、会社単位での繋がりを通じて告知できるパイプを活用することや、名刺への情報掲載など、普段からできる地道なPRも重要と感じます。

折り込みはあまりおすすめしません。

かなりのコストがかかる上に、無作為に配布となるので、ターゲット層へのアプローチ効率がデジタル広告に比べて低いと感じます。

予算があり、子どもから大人までターゲットになり、広く大勢に知ってほしい、知名度や信頼度をアップしたい、またはピザや仕出しなどメニューをお手元に届けたいという場合は折り込みの活用も良いと思います。

Home
つくる
特長
無料相談
公式LINE
問合せ