IMGP6944

《信州高原トマト 加藤農園》加藤公理様

カレーの大原屋の尾沢あきらさんからご紹介をいただき、ご縁を持たせていただきました。

最初のお打合せの時点で、トマトへのこだわりがどんどん溢れて来て、「本当に美味しいトマトをつくりたいんだ」という情熱に後押しされるようにラベルの制作をさせていただきました。

アドバイザーの尾沢さんも交え3人で相談の結果、いくつかの提案の中から、数字の「7」をモチーフにしたラベルが採用されました。
コンセプトは目立つこと、覚えやすいこと、こだわりを感じられること。
視認性が良く、他にないデザインで、7つのこだわりにつながる7という数字はぴったりとのご意見をいただきました。

ラベルに続きパンフレットの制作のため、平谷村の農園まで写真を撮りに伺いました。
休日で息子も同行させて頂いたのですが、大自然に大喜び。

加藤さんのお子さんたちと息子が真っ赤なトマトにかぶりつく姿を見て、母として得も言われぬ感動を覚えました。
聞いていたこだわりを実際に目で見ることができ、綺麗な水、豊かな自然、情熱を持った加藤さんが多くの工夫をしながら育てる信州高原トマトの美味しさ。
この事実と感動を一人でも多くの方に伝えたいと、つよく感じた事を覚えています。

新しいラベルを使用した、昨年生産のビン詰ピューレは完売。
今後、長野市の「信州プレミアム」などにも並ぶそうです。

加藤さんの農家としてトマトづくりへのこだわりはもちろん、売り手として、商品プロデューサーとして、マーケティングの勉強までもされている姿は、次世代の農家さんの姿だと感じます。
農業と小売りの両方の現場を知る生の声、売り方、考え方に勉強させていただくことばかりです。

加藤さんなら、この美味しさ、美しい村をどんどん発信し、平谷村産「信州高原トマト」を長野県を代表する名品とすることができると感じております!

◆加藤農園 信州高原トマト ラベル・パンフレット
http://in-ranch.com/web/?p=499

◆加藤農園 (ホームページはJimdoで制作されたものです)
http://www.kougentomato.com/

◆カレーの大原屋 Jimdoホームページ制作講座
http://www.webnomori365.net/

WEB制作会社:デザインスタジオiR 紹介ページへ